メグリスリコピンプラスに副作用の心配は?

投稿日:

血行促進、塩分排出、美白と言う効果が期待できるメグリスリコピンプラスには副作用の心配はないのでしょうか?

販売元はメグリスリコピンプラスは健康食品だから、薬のような副作用の心配はないと言っていますが、誰が飲んでも絶対に副作用が出ないのかと心配になっているかもしれません。

結論から言えば、メグリスリコピンプラスだけに限った話ではありませんが、程度の違いはあったとしても、健康被害が出る恐れのある可能性が大きく3点あります。

食物アレルギー

メグリスリコピンプラスには、大豆・小麦由来成分が含まれています。
大豆アレルギー、小麦アレルギーの人はアレルギー反応が出る可能性があります。

過剰摂取

メグリスリコピンプラスに含まれているメリロートですが、過剰摂取によって、以下の副作用が起こる可能性があります。

  • 頻尿による体内のミネラルバランスの崩れ
  • 肝機能障害(頭痛や体のだるさ、脱力感、食欲不振、黄疸)
  • 便秘、下痢、腹痛

便秘と下痢は正反対のことのように思われるかもしれませんね。
腸の働きが正常ではないという点では同じであって、繰り返し起こることが珍しくありませんので、どちらかの症状が出た時点で注意が必要です。

また、メリロートサプリの過剰摂取によって黄疸症状を発症し、入院するケースが相次いでいます。
入院中はサプリを飲まないことから、肝機能の働きを示すGOT・GPTの値が正常値に戻ったことで退院し、サプリの摂取を再開して黄疸が再発するというケースが、何件も報告されています。

メグリスリコピンプラス1粒に20mgのメリロートが配合されており、1日の摂取量の上限は300mgが目安となるため、15粒以上は飲まないほうがいいでしょう。
メグリスリコピンプラスの販売元は1日3~9粒を推奨していますので、この範囲内であれば問題ないと思われます。

他のサプリや薬との飲み合わせ

メグリスリコピンプラスだけを飲んでいるのであれば、過剰摂取だけに気をつければ十分です。
しかし、他のサプリや薬をいっしょに飲んでいる場合、個々のサプリや薬は適量を飲んでいたとしても、全てを足し合わせると過剰摂取になるおそれが出てきます。

例えば、メグリスリコピンプラスと、DHCやファンケルなどが販売しているメリロートサプリを同時に飲んだ場合がわかりやすいでしょう。
どちらのサプリも適量を守って摂取したとしても、合計すると1日の摂取量の上限とされる300mgを超える可能性が出てきます。
(メグリスリコピンプラス9粒で180mg、DHCメリロートサプリ2粒で200mgとなりオーバー)

また、成分によっては、互いの働きを抑え合うことになったり、効き目が強くなりすぎて体調不良を引き起こす場合もありますので注意が必要です。

-メグリスリコピンプラス
-,

Copyright© メグリスリコピンプラスの効果は嘘?口コミだけではわかりません , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.